病院で治療

AGAは治療で改善できます

皆さんも、AGAという言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。何せ、最近ではテレビコマーシャルでもAGAについて宣伝しているのですから。 そのコマーシャルというのは、AGAは治療で改善できますという趣旨のものです。 ですから、AGAを発症しても悩んではいけません。それよりも早めに病院に行って、適切な治療を受けるべきなのです。 AGAとは、日本語にすると男性型脱毛症といって、男性に特有の薄毛の原因になるものですが、決して病気ではありません。少し難しい言葉を使うと、遺伝によって現れる形質なのです。 そして、AGAは直接父親から遺伝することがありますし、母親の祖父母のうちどちらかから遺伝することがあるのです。

どうやって治療するのか

AGAを発症してしまったら、どうやって治療するのか、その方法をお話しします。でもその前に、AGAの特徴を説明しておきましょう。 AGAを発症すると、額の生え際か頭のつむじの部分から薄毛が広がっていきます。ですから、母方の祖父や父親のどちらかが薄毛になっているのであれば、その可能性は高いと言えるのです。 そして、病院に行って診断がつけば、治療薬を処方してもらえます。治療薬の代表的な成分名は、フィナステリドというもので、AGAを引き起こすジヒドロテストステロンの血中濃度を抑えることで効果を発揮します。 そして、治療するためには、決められた量を毎日服用する必要があり、個人差もあって、治療期間が長くなることもあるのです。