症状の進行

男性型脱毛症であるAGAは日常的なストレスや不規則な生活などから症状を発症しやすいとされています。発症したら自然回復をすることはできないので、早めに症状を理解して東京の専門機関で治療をする必要があります。毎日の生活で動いているときやお風呂に入ったときなどは自然と髪が抜けてしまいます。男性型脱毛症になると少しずつ髪が薄くなってしまいますが、5年後には倍以上の髪の毛が抜けてしまう傾向にあるので、早めに治療をして症状を改善しなければなりません。AGAの状態によって進行していく場所が異なっており、大きく分けて頭頂部と額の生え際、前頭部の3つがあります。脱毛のパターンはいくつかの種類がありますが、それによって見た目に変化が現れます。薄毛が目立ってきたらAGAになっている可能性がありますが、薄毛や抜け毛などの進行状況は人によって差がありますが、基本的にはゆっくりとしたスピードで症状が進行していきます。気づいたときに手遅れになっている場合もあるので、日頃から髪のことについて意識をしておくことも大切です。

東京ではAGA治療を専門としている専門病院もありますが、日本全国に多くの専門病院があるので、東京で探すときにはまず地域別で病院探しをする必要があります。現在日本での患者は1000万人以上とされており、生活習慣が変化してきたことでAGAに悩む人も増えてきています。基本的にAGAは中高年がかかる可能性が大きいとされていましたが、若い人にもAGAの症状で悩む人が多いです。