頭皮の治療

AGAに効果のある治療方法にはどのようなものがあるのか

AGAを改善するには男性ホルモンの影響を受けないようにする内服薬を服用する方法や、自毛植毛などがあります。 内服薬はプロペシアという薬でAGAを発症する原因となる男性ホルモンが、髪の毛の寿命を短くしたり発毛を阻害してヘアサイクルを乱すのを防いでくれます。またプロペシアのジェネリック品が日本でも認可されたため、いままでよりも安い費用で治療を受ける事ができるようになりました。 自毛植毛は男性ホルモンの影響を受けにくい側頭部や後頭部の毛根を額や頭頂部に移植する方法です。毛根はそのまま移植された部分に定着して髪の毛を生やすので薄毛が改善できます。プロぺシアは男性にしか服用できませんが、自毛植毛は女性のAGAにも効果があります。

どこで治療を受けられるのか

プロペシアの処方は育毛外来のあるクリニックで受けられます。遺伝子検査を行なってAGAかどうかを確認するところもありますが、簡単な問診で処方するところもあります。過去のデータによるとプロペシアを服用し髪が増えた人や薄毛の進行が止まった人は98%以上になります。クリニックによってはプロペシアのほかにも育毛剤などの外用薬や、より髪の生える効果を高めるために体質改善できる漢方薬やサプリメントを処方しているところもあります。 自毛植毛は専門クリニックのほかに美容外科などで行なわれています。手術は必要ですが一度植毛すれば以後は自分の髪の毛がずっと生え続けてくるので、特別なメンテナンスも必要なく治療を受け続ける必要もありません。薄毛の悩みから一生解放される方法です。