薄毛の問題

薄毛に悩む男性が増えています。

日本人で薄毛で悩んでいる人は世界でも多い方で、日本人成人男性の1200万人、およそ5人に1人が薄毛に悩んでいると言われています。 一口に薄毛と言っても薄毛は、遺伝や男性ホルモンのテストステロンの過剰分泌、タバコ、過度のアルコール摂取、不適切なヘアケア、バランスの悪い食生活、睡眠不足、ストレス、紫外線など実に様々な要因によって発生します。 これらの要因の中でも薄毛の原因のほとんどを占めているのが、遺伝と男性ホルモンのテストステロンの過剰分泌による男性型脱毛症のAGAとなります。 AGAは10代〜20代で発症することは希で、一般的には30代〜40代に症状が出始め、そして50代以降になるとほとんどの人がAGAによる薄毛になります。

それではAGAについて詳しく説明します。

AGAは額の両サイドからアルファベットのMのような形に徐々に後退していくM字型、生え際全体が徐々に後退していくU字型、頭頂部を中心に徐々に薄くなっていくO字型の3タイプがあります。 特に日本人に多いと言われているのがU字型です。 AGAは治療をせずに放置しておくと、どんどん薄毛が進行する進行形脱毛症なので、適切な治療を行う必要があります。 AGAは薄毛専門のクリニックや皮膚科、美容外科などで治療を行うことが出来、主に内服薬と外用薬によって治療を行います。治療期間は薄毛の進行具合によって異なりますが、半年から1年で効果を実感できると言われています。 そして生活習慣の改善を行うことでより効果があらわれやすくなります。